スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPad考察 その後

前回のブログでさんざん悩みましたが、結局iPad32GBが良いのではないかと。
やはりRetina搭載のiPad miniに期待したい私としては次の登場を待つことにしました。
そこでセルラーモデルでしょうね。
基本的にiPad miniはiPhoneに近い使い方になると思っています。

それに対してiPadは用途がちょっと変わって自宅や職場での使用、公共の場でもMacBook Proの代わりになるものだと思っていますので、現状製品に対して満足しているiPadを先に手に入れて〜。

なんて夢は広がる。
スポンサーサイト

iPadどうしよう

最近やたらiPadが欲しい衝動に駆られています。
ずっと必要ないとは思っていたものの、「やっぱり楽したい」なんて思ってきてしまうのです。

最近はPCも使わないときには電源は落としてしまいたいんです。
セコイ話でもないですが節電とかも多少気にしてたり。

でも今回iPad miniが発売になって
「買うなら何買えばいい?」
ってのでかなり悩んでます。結局買えてないし。
ダラダラ書きますが、おそらく書き終わっても結論は出ないと思います。
あくまで参考程度に。

悩んでる選択肢はiPad mini 32G cellularモデルかiPad Retina 16Gの二つ。
二つの用途は違うと考えているので二つ持ってるのが一番だとは思いながらもそうは行きませんから。

決め手はやはり「外で見る?」です。
「毎日携帯と一緒に持ち歩いて、すぐに取り出してどこでも見る」
という用途だとiPad mini+3G一択だと思います。
外と言っても主に電車など。腰据えてテーブルがあるところだとiPadでも良いので。
最近はお店でWifiが使えるところが多くなってきたのでそういう意味ではiPadもアリかと。

ということでどこまで外で頻繁に使うか。ですが、よくよく考えると「う〜む。。」と言わざるをえなかったり。ただこれが実際運用してみないとわからない部分でもあります。

しかももう一つiPad miniで二の足を踏んでいるのはRetinaディスプレイではないこと。これに関してはおそらくですが、ほぼ確実に次のモデルで搭載してくる気がします。

そうなってくると今はやはりiPad RetinaディスプレイモデルWifiを購入して、miniは次期モデルで3Gなんていうのが理想なのかな〜。でも二つも要らないかな?
う〜む。。。

困ったもんです。

ベアフットランニング

たまたま行った近所のアウトレットで格安な上のタイムセールだったので思わずゲットしてしまいました。
フォアフット着地で走っている私としてはベアフット系ランニングシューズは気になるところでして。足に合うか心配でしたが、履いてみたら驚く程ピッタリでした。

adipure trainer

adipure.jpeg


さっそく走ってみました。
思ったより足裏の保護はされてるのと、多少の足の横ブレは防いでくれてる感じもしましたが、まぁ裸足で走ってるのとほとんど変わりませんでした。
結構効きます。ファフットやってない人は歩くことから始めないとすぐ故障します。間違いなく。
どこで着地して、どこで地面を蹴っているのかが手に取るようにわかります。靴がサポートしてくれないので足の小指も自然に使います。
走り方に変な癖がある人は一度試してみるのも良いかもしれませんね。自分の悪いところがわかりやすいので。
ただし踵着地は絶対できないですが。

私も左右の足で接地の仕方が微妙に違うのに初めて気付きました。

富士山マラソンを終えて

富士山マラソンを終えて一週間が経ちました。
なんだかんだで問題もあったようですが私自身は無事に完走できてホッと一安心。

大会直前にブログの更新ができなかったのですが、前回ブログを書いたハーフのタイムトライアルをやった直後から左足のスネに痛みが出まして、そのまま二週間ほど本番までほとんど走れずに本番を迎えることになってしまいました。
一週間前には医者に診てもらいましたが「右脛骨筋炎」とのこと。シンスプリントともちょっと違うんでしょうか?
医者曰く「走れないこともないのであれば、無理しない程度に走ってなじませて行きましょう」とのこと。「ま、休んでも良いけど」
どっちだよ!ってツッコミは入れませんでしたが、大会前日には痛みはあるものの走れなくもない程度になりましたので、せっかくなので無理をしない程度で走ることにしました。
念のためロキソニンも飲んで。

結果としては痛みはありつつも違和感程度で走りきれましたがなんとも不甲斐ない。
ちょっと苦い思い出。
やはり後半で結構脚にきました。


富士山が終わってからはしばらくまた休養をして週末から走りは締めました。
足のスネの痛みは残ってはいるもののなんとか走れる程度には回復しつつもまだ痛みも残っているので焦らずじっくり治さないと。

写真は朝の富士山と河口湖。
幻想的でした。

fuji.jpg


kawaguchiko.jpg

富士山マラソン本番前に

今日は18kmへの参加ですが富士山マラソンの本番前に当日に近い格好と靴でインターバル走やってみました。
ProCombat長袖の上に半袖シャツ、ハーフパンツにNIKE LUNA SPIDER LT2+。
気温7℃。
思ったより結構暑かったです。
レース当日は7℃くらいの気温なら風の強さにも依りますが半袖のみで良さそうな気がしました。

靴は本番用のいつもよりワンサイズ小さめのジャストサイズ。
そろそろ本番に向けて靴も慣らしておかないと。ということで登場させました。

走ってるうちに3km付近で一旦窮屈になってしびれが起こったかと思いきや、またしばらくすると5kmくらいで窮屈さがなくなったり。
走ると足の浮腫が起こるので靴選びは夕方に。とか言われますが、ある程度走ると今度はまた縮んでくるような気がする。ただし体感なので正確かどうかはわかりませんが、私の主観です。
どっちにしてもシューレース締めすぎたような気もするので先の方だけ少し緩めて走った方がいいのかな?
後は本番までに靴もなじませて伸ばしておかないと。なじみもだいぶ影響しているかと思います。

でも実際インターバル走でもベストタイムが出るっていうのはやはり靴は少々窮屈くらいの方が良いっていうのは本当なのかもしれないと思い出しております。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。