スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ADOBE Creative Cloud

ADOBEからCreative Cloudなるものが発表になりましたね。

こちらで発表されていました。

簡単に言うと
「ADOBEの全製品を月定額でお使いください」
ということですね。

月額5,000円ということですからアメリカの月49.99ドルに比べると少し割高ですね。
年間6万円。果たして安いかどうか。

今までの製品リリースペースを考えると約2年で新製品が出ています。
2年だと12万。

微妙。高い気もする。。

しかも今後、本当に2年サイクル以内でメジャーアップデートしてくる保証もありませんからね。アップデート言っても微妙な製品も多いので、それを考えるとさらに割高感です。


今回のCreative Cloudの発表に伴ってアップグレードポリシーも厳しいものになりました。
「過去主要1バージョンのみアップグレード対象になる」
とのこと。
CS4ユーザーは対象外です。
アップグレードを行うのであればCS6が出るまでにアップグレードを購入しろ。ということですね。。

気をつけないとどんどん置いてけぼりをくらいます。

実際の現場ではいつも最新のものが使われていることなんて稀であります。
現場無視でどんどん先に行って過去を切り捨ててしまうメーカーの姿勢には諸手で賛同することはできません。

過去の環境と共存が可能かも気になりますね。
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。