スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シューズ選びについて

ランナーズニーの再発防止と改善目的からフォアフットランニングを始めて、ついに30kmを走れるまでになりました。
フルマラソンもこの調子で乗り切れればと思っています。
今となってはヒールストライクで走る方が脚全体へのショックが大きくて怖くて走れない体になってしまいました。ヒールストライクで走ってみると「ここまで衝撃があるんだ!」と改めて実感します。

フォアフット着地をやるようになって普段からランニングにはベアフット系シューズのNIKE FREE3.0を履いています。
そうなってくると今度は、レースシューズを選ぶ際にもお店でよく見る「サブ4用」とか「サブ3用」とかってのがイマイチ当てはまりません。
そもそも最近のシューズは前足部にクッショニングシステムが入っているレースシューズはほとんどないから、何でもいいくらいです。
そうなってくるとフォアフット着地をするためのレースシューズ選びの基準は「軽さ」と「靴のヒールの高低差が低いもの」になってくるので、そうなると必然的に「サブ3」向けレースモデルしか選択肢がなかったりします。実際サブ3で走ることなんてまだできないけど。

レースシューズは「筋力がないと脚を痛める」とか言われたりもしますが、ベアフットシューズよりは優しいクッションなので、問題ありませんし、反発力があるので楽に足が前へ出ます。
そんなことを考えてみるとレースシューズ選びの基準っていうのも結局は「自分のテンションの上がる物」でいいのではないか?なんて思ったりします。

大会までの時間がない場合はクッションのあるシューズで練習するしかないですが、じっくり体を作る時間があるのであれば普段の練習はベアフット系シューズで脚を作ってあげるのが一番いいんじゃないかな?なんて思ったりなんかしたり。
普段はベアフット系シューズで脚を作って、スピードトレーニング用シューズでスピード練習を行って、レースはレースシューズで。
なんだかんだで走るだけでも三足くらいは持ってないとダメだってことに本気で走り出してから気付きました。

そろそろ大のお気に入りのNIKE FREE IDのソールがヤバいので年末辺りのセールで安くなったところをもう一足買おうかと思っております。
NIKE FREE IDは履き潰すには惜しいほどお気に入りなのでランニングシューズは引退させて普段履きとして余生を過ごしていただきたいなと。
やはりアウトソールがないのでソールの寿命も短めのような気もします。
スポンサーサイト

Comment

Post a comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。