スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

贈り物

まぁったく身に覚えのない荷物がアメリカから届きまして。


いや〜かなりドギマギしました。
だって差出人書いてないし。。怖いですよ。

開けるの怖かったですけど、中身はTシャツとのこと。
確かに固そうではないし、危険物ではないだろうと思って開けてみました。

中を開けてビックリ!
IMG_2444_2.jpg
NIKEのシャツですやん!え?!でもなんで??
全然記憶にございません。。
買ってない、いや買ってないに決まっている。買ってたら覚えてる。。
いくら海外と言えど、買ったなら明細なり納品書なり付いてるでしょ。
それも、ドキュメントも一切なし。意味不明。

いや、でもそう言えばなんか昔英語で住所書いた記憶が。。

で、昔のメールを探してみて。。

そういえば!
FacebookでUSのNIKE Runningの情報シェアしたらシャツがもらえるとかのキャンペーンがあったような。。
確かにサイズ情報と住所を書いたという履歴発見。

でも本当にもらえるとは。。正直ビックリです。覚えてなかったのでさらに嬉しいサプライズ。
80$のシャツゲットです。太っ腹!

いや〜、応募もしてみるもんですね。

でもせめて差出人くらい書いてくれよ。。
本当に心臓に悪いですよ。

長袖調達

最近スッカリ、ランニングブログになってきているこのブログ。

朝晩めっきり寒くなってきて、少々走っていても肌寒い。
なんてことはなくて基本的にはよほどの時期でない限り半袖で走っていたりします。
走っていればすぐにあったかくなりますので。ただ末端だけはどうも冷えるので手袋は必須です。
手袋さえあれば半袖でも十分かと思っていたのですが。

が、なんで買ったかと言いますと。
今年は大会に出るにあたって場所が富士山の麓だったり、館山だったり。
さすがに気候が読めないので。

仕方なく?NIKE PRO COMBAT の長袖にしました。

しかもHYPER COOLシリーズなのでどれくらい長袖効果があるかも不明ですが。。
セールでかなり安かったので色も選べませんでしたがこちらで。
prod_hc_tops01.jpg

半袖を数枚持っていますが、かなり快適です。これ、HYPER WARMだと運動するなら冬でもあったかすぎるんじゃないかと思います。
この辺を体感すると某ヒートテックとかオモチャみたいです。やっぱり違うもんですよね。

今年の冬の大会はこれをベースレイヤーにして半袖重ね着でチャレンジしようと思います。

がんばるぞ。


と言った矢先に右膝の下辺りが走り始めに違和感を感じるようになりました。
走るとすぐに違和感はなくなりますが少々気になるので走りたいのをじっとガマンして今は様子見。。
大会までに間に合わせたいです。

シューズ選びについて

ランナーズニーの再発防止と改善目的からフォアフットランニングを始めて、ついに30kmを走れるまでになりました。
フルマラソンもこの調子で乗り切れればと思っています。
今となってはヒールストライクで走る方が脚全体へのショックが大きくて怖くて走れない体になってしまいました。ヒールストライクで走ってみると「ここまで衝撃があるんだ!」と改めて実感します。

フォアフット着地をやるようになって普段からランニングにはベアフット系シューズのNIKE FREE3.0を履いています。
そうなってくると今度は、レースシューズを選ぶ際にもお店でよく見る「サブ4用」とか「サブ3用」とかってのがイマイチ当てはまりません。
そもそも最近のシューズは前足部にクッショニングシステムが入っているレースシューズはほとんどないから、何でもいいくらいです。
そうなってくるとフォアフット着地をするためのレースシューズ選びの基準は「軽さ」と「靴のヒールの高低差が低いもの」になってくるので、そうなると必然的に「サブ3」向けレースモデルしか選択肢がなかったりします。実際サブ3で走ることなんてまだできないけど。

レースシューズは「筋力がないと脚を痛める」とか言われたりもしますが、ベアフットシューズよりは優しいクッションなので、問題ありませんし、反発力があるので楽に足が前へ出ます。
そんなことを考えてみるとレースシューズ選びの基準っていうのも結局は「自分のテンションの上がる物」でいいのではないか?なんて思ったりします。

大会までの時間がない場合はクッションのあるシューズで練習するしかないですが、じっくり体を作る時間があるのであれば普段の練習はベアフット系シューズで脚を作ってあげるのが一番いいんじゃないかな?なんて思ったりなんかしたり。
普段はベアフット系シューズで脚を作って、スピードトレーニング用シューズでスピード練習を行って、レースはレースシューズで。
なんだかんだで走るだけでも三足くらいは持ってないとダメだってことに本気で走り出してから気付きました。

そろそろ大のお気に入りのNIKE FREE IDのソールがヤバいので年末辺りのセールで安くなったところをもう一足買おうかと思っております。
NIKE FREE IDは履き潰すには惜しいほどお気に入りなのでランニングシューズは引退させて普段履きとして余生を過ごしていただきたいなと。
やはりアウトソールがないのでソールの寿命も短めのような気もします。

トレーニングプランで悩む

Web上のRunKeeperページ。Training Planへの勧誘がウザいのでそのままクリックして行ってみたら
Trainingu Planが設定されてしまいました。

別に入るのはいいんですが、厄介なことにこれが「消せない」。
いや、消す方法があるのかどうかもわからないと言ったところです。
少なくともWeb上をいろいろ見てみましたが消せそうな場所もないし。。

自分で大会まで計画したスケジュールがあるだけに少々面倒なもんです。

まぁ気にしなければいいのかもしれないですが、Training Planも一からスタートなので、すでに体を作り出している私にとっては少々足りない部分もなるのかな〜と。

インターバルトレーニング

本格的なマラソントに向けてインターバルトレーニングで筋力を付けたいと思っていました。
しかも距離と時間を織り交ぜたトレーニング。
例えば「2km全力で走って2分休む」みたいなことがやりたかったのです。

これができるのってGARMINをはじめとした一部の時計だけかと思っていました。
普段はiPhoneのNIKE+アプリを使っているので。(NIKE LOVERですから)

いずれレースで付けられる時計が欲しいのでGARMINも欲しい時計ではありますが、
インターバルトレーニングのためだけにGARMIN買うのもな〜。なんて思っていましたが
灯台下暗し。

RunKeeper持ってたではありませんか。

早速RunKeeper使って走ってきました。

今までのログの蓄積もあるのでNike+アプリと同時に立ち上げてみましたが、同時計測は可能でした。
これで今までのNike+のログも活かしつつ、RunKeeperも併用できそう。

結果から言うとRunKeeperの方が遥かにいろいろできます。
普通に走ったログ取るだけならNike+で十分ですが、いざトレーニングとなるとRunKeeperがあるとかなり捗ります。
距離と時間を織り交ぜたインターバルトレーニングとかやりたかったことができるのだ〜。
スプリットのペースもわかるのも嬉しい。

GARMIN欲しかったけど、レースまでいらないかな。

NIKE+の方が走る楽しさがあるんだな〜。
NIKE+=Mac
RunKeeper=Win
って感じで。しばらくは併用で行きます。


あと、髪が長い私の走る時の悩み事。
「髪どうまとめよう?」

今まで太いヘアバンドを付けて走っていました。
ある意味自分の中でトレードマークみたいになってたくらい。
汗も取れるしね。

でもふと思い立ってサッカー選手やテニスの選手が付けているようなヘッドバンドを購入してみました。
これはこれでアリかもしれない。

明日から試して走ってみようと思います。調子良ければヘアバンドからヘッドバンドに変更してもいいかも。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。